整体師の資格を手に入れて働く|安心と信頼を確保

養成施設と教育内容

治療

柔道整復師が行う医療行為は、鍼灸などと同様に東洋医学に属しています。しかし柔道整復師は、鍼灸などとは異なって、日本で生まれた医療技術を使って医療を行います。このような柔道整復師が行う医療行為は、主に運動器系疾患が対象です。例えば運動器系疾患のうち骨折は、重症に分類されています。この骨折の治療を、日本でずっと行ってきたのが柔道整復師です。そのような日本特有の歴史があるために、柔道整復師が行う医療行為は、健康保険が使用できます。こうした特徴を持つ柔道整復師の資格の取得には、厚生労働省が行う試験に合格しなければなりません。しかも試験を受けるためには、指定の学校で3年以上学習して、一定の成績を納めることが必要です。そのため日本には、柔道整復師を養成する専門学校が、数多く開校しています。

柔道整復師の専門学校では、運動器系疾患の治療を行うための、知識と技術の習得を目指します。ただし現在の日本の医療は、医師による西洋医学が主流です。そこで専門学校では、医師との連携が可能になる教育を重視して行っています。例えば骨折の治療を行う際には、レントゲン検査を含め、医師との連携が不可欠です。ところがその際に医師との共通認識がなければ、綿密な連携を果たすことが困難になります。そのため専門学校では、医師による骨折の分類や治療法について、細かく学習しています。もちろんそれだけでは、柔道整復師の特徴を活かすことにはなりません。したがって専門学校では、柔道整復師が受け継ぐ知識や技術も、同時に教育しています。